1. HOME
  2. 会社案内
  3. 沿革

COMPANY

会社案内

沿革

1983年 11月 株式会社アスコ設立
1984年
毛玉クリーナを開発
1993年 日本初となるバッティングセンター向け LEDピッチャーを開発
1994年 日本初となるLEDによる旗振り映像装置 LEDガードマンを開発
本社を大阪市東淀川区豊里へ移転
1997年 スポーツ体感ゲーム  ストラックアウトを開発
2000年 ゴルフ練習場向け  ティーアップ機を開発
2003年 大型LEDディスプレイ ASCOVISIONを開発
2004年 本社を大阪市東淀川区大桐へ移転
2005年 LEDガードマンのソーラータイプであるソーラー式LED表示機を開発
2006年 ソーラー式警告灯SFL600を開発
2008年 ソーラー式回転灯SFL170を開発
ソーラー式大型表示機BIGを開発
株式会社ダイヤアクセスのグループ会社となる
本社を大阪市淀川区東三国に移転
2010年 ソーラー式LEDスクロール ふろーらを開発
LED スコアボードを開発。福岡県中間市が導入第1号となる
LCDピッチャーを開発
2011年 本社を大阪府吹田市南吹田に移転
ソーラー式LED照明テラスタンを開発
ソーラー式表示機 Vシリーズの後継機となる VⅡシリーズを開発
2013年 ソーラー式大型表示機 DXシリーズを開発
2015年 LEDバーライト ピタピカを開発
本社を現在住所に移転(兵庫県伊丹市北園)
2016年 ソーラー式小型表示機 ソーラーONE を開発
ソーラーONE ひょうご№1ものづくり大賞 選考委員会特別賞受賞
2017年 LEDピッチャーフルカラータイプを開発
2018年 ソーラー式LED表示機 VⅡシリーズ後継機 VⅢシリーズを開発
スポーツ体感ゲーム ストラックアウト後継機種ストラックヴァリアスを開発
2019年 ソーラー式警告灯 SFL600 の後継機にあたる HFL800 を開発
LED、液晶ディスプレイ、プロジェクターに対応するHDMI出力装置を開発
LED残球表示機を開発