沿革Company history

1978年
ヒットデザイン工房を創設(本社:大阪市淀川区西中島)
1983年10月
株式会社アスコに社名変更
1984年
毛玉クリーナーを開発
2年後大ヒットとなり「各家庭に一つはある」商品となる(1986年9月13日掲載)日本経済新聞でヒットメーカーに選ばれる
1993年
日本初となるバッティングセンター向けLEDピッチャーを開発
爆発的な人気を得て、バッティングセンターでは必須のアイテムとなる
1994年
日本初となるLEDによる旗振り映像装置LEDガードマンを開発
LEDを使った規制看板の火付け役となる
本社を大阪市東淀川区豊里へ移転
1997年
スポーツ体感ゲームストラックアウトを開発
2000年
ゴルフ練習場向けティーアップ機を開発
2003年
大型LEDディスプレイ ASCOVISIONを開発
2004年
本社を大阪市東淀川区大桐へ移転
2005年
LEDガードマンのソーラータイプであるソーラー式LED表示機を開発
ソーラーVシリーズとして展開し、工事現場等で幅広い人気を得る
2006年
ソーラー式警告灯SFL600を開発
翌年より量産を開始し、人気商品となる
2008年
ソーラー式回転灯SFL170を開発
ソーラー式大型表示機BIGを開発
株式会社ダイヤアクセスのグループ会社となる
本社を大阪市淀川区東三国に移転
2010年
ソーラー式LEDスクロール ふろーを開発
LEDスコアボードを開発。福岡県中間市が導入第1号となる
2011年
本社を大阪府吹田市南吹田に移転
ソーラー式LED照明テラスタンを開発
省電力機能を追及したソーラー式LED表示機 VⅡシリーズを開発
2013年
省電力のソーラー式大型表示機 DXシリーズを開発
2015年2月2日
東京営業所を東京都葛飾区に開設
2015年
ピタピカ開発
2015年9月28日
本社を現住所に移転(兵庫県伊丹市北園)
2016年
東京営業所を東京都中央区銀座に移転
ソーラONE開発